はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【読書感想】 『 太陽系最後の日』   アーサー・C・クラーク

 

 

何年かぶりかで、SF小説を読んでいます

はむすた母です

 

 

アーサー・C・クラーク

 

SF小説はあまりに知らない方でも

2001年宇宙の旅』の

原作者と言えば「そうなんだ~」と思いますよね

 

 

2001年宇宙の旅〔決定版〕

2001年宇宙の旅〔決定版〕

 

 

 

2001年宇宙の旅』は、ご覧になったことはありますか?

 

未来のことを描いたのか、それとも過去のことを描いたのか

分かるような、分からないような

難解な作品のようでいて

でも、「大好き」という方も多い作品です

 

 

図書館で見つけた、『太陽系最後の日』は

アーサー・C・クラークの短編小説がたくさん詰まった1冊の本です

 

 

 

 

私ね、SF小説大好きなんですけど

ほんの少し読むと眠っちゃうんです

数ページごとに

時間にして30秒ぐらいかなぁ

落っこちるように眠ってしまうんです

 

「眠りが知識を整理する」とかいう話ありますけど

そんな感じなんでしょうかねぇ

私の脳みそのつながりがよくないので、

きっといろいろ、時間がかかるんだと思います 

 

 

SFの世界ってお話ごとに、世界観を頭の中に組み立てるのに

とにかく時間がかかるんです

1度理解してしまえば、その世界の中でずっと遊んでいられるのですが

初めて読んだ時は本当に進みません

 

 

 ネタばれアリ

 

たとえばね

 

『太陽系最後の日』

 

ある惑星が、あと7時間ほどで爆発しそうになっていて

近くにいた調査船が、

助けられる文明があるならわずかでも救出しようと駆けつけてきて

見つけた文明が、どうにもバランスにかける文明で

どこを見てももぬけの殻で

やっと見つけた脱出してきたらしい宇宙船団に

何とも言えない不気味さを感じて・・・・・

「20年後、笑い事ではすまされなかった」

 

 

こんな風に頭の中で組み立てられると、

一人遊びが始まるんです

 

爆発する星の人たちが、脱出するまでのドタバタとか

自分の星を離れていく心持とか

助けに来た調査船の乗組員の、調査書を頭の中で作ってみるとか

笑いごとでない20年の流れの中に、知っている歴史上の人物を登場させてみるとか

 

一通り頭の中で遊んだ後に、もう一度本を読むと

今度は寝落ちせずに、一気に読めて

また遊べるネタをいくつか拾ってこられるんです

 

 

現代小説よりも、世界観や社会性から作っていかなければならないので

自分の成長とともに遊ぶ場所も変わっていって

長く楽しませてくれのもSF小説ならではの感じがします

 

このところ、現実にあおられていたので

現実逃避するには最高の舞台を提供してもらいました

そんなわけで、しばらく

頭の中はよその世界で遊んできま~す♪

 

 

 

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日