はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【読書感想】『アフリカ少年が日本で育った結果』 星野ルネ 著

 

 

 

はむすた母です

 

先日、おーさんがどこから仕入れたのか

「日本で育ったアフリカ少年の話」を始めました

しかもなぜか、

「彼の母国では、お札に書かれた人が誰なのか誰も興味がない」

という話でした

 

話を聞きながら、そっとこの本を差し出しました

その話、でてきます

 

 

 

 

ちなみに私「はむすた母」は夏ごろTwitterでフォローして

本のことを知り、出先で探して購入しました

 

我が家では、たいていおとーさんの方がいろいろ楽しい情報が早いので

「これ知ってる~?」

の話に今回はがっつり対応できて

「やったね!」って、気分でした

 

  

まんが アフリカ少年が日本で育った結果

まんが アフリカ少年が日本で育った結果

 

 

 

1984年生まれのルネさん

日本人のお父様と、カメルーン人のお母様に連れられて

4歳ごろから日本とカメルーンを行き来して育ったそうです

 

 

日本はバリバリ、バブルの時期ですよね

 当時はアフリカ系の方は少なかったように思います

都内だと、イランの方が目立った時期じゃないかしら?

 

 

 

 

本の中では

「多少悩みはあったけど、友達もおったし

 楽しい子供時代やった」

と、言ってます

 

 

「話に落ちをつける感じが、関西人だねぇ」

と、娘がニコニコ読んでいます

 

 

もちろんルネさん自身の、努力もたくさんあったと思います

小さい頃の日本語の獲得にしても

母国語、フランス語の大人の言葉を覚えることにしても

そう簡単なことではないですよね

 

 

 

私は親になっているので、ご家族のぶれない感じがすごいなと感じます

それをすごく素直に受け止めてきたルネさんに感動します

 

 

お父様から日本人らしい教育を受けて

お母様からカメルーン人らしい教育を受けて

カメルーンまで20時間かけて出かけて行ったおじいさまを尊敬していて

分からないことをゆっくり丁寧に教えてくれたおばあさまを信頼していて

 

カメルーンでは 

同じ名前を持つ親族と、同じ名前の系譜をきちんとつなげていたり

従兄弟の将来のための勉強に感じ入ったり

 

ルネさんの受け止め方がストレートで、真摯だと感じます

 

 

 自分の役割をいい形で前向きにとらえて、

自分自身の文化の形を作っていくルネさんのような方が

たくさん増えたらいいなぁ

そんな風に思える一冊でした

 

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日