はむすた母娘は今日も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【自由研究】 簡単なお天気調べでも、評価される自由研究になりますよ

 

 

夏休みの宿題で、なぜか一度はやらされる「お天気調べ」

今回は、

その「お天気調べ」を自由研究のテーマにして、好評をいただいたという我が家自慢の実話です。

 

 

(頑張りすぎのこの前フリ、かなり恥ずかしいなぁ…)

 

 

 

それは「兄ちゃんその1」の本で読んだ知識から始まった

 

 

兄ちゃんその1が

小学校1年生の夏休み直前のことでした。

 

 

兄ちゃんその1  

  「ねえ知ってる?

   夕焼けの次の日は晴れるんだよ。」

 

おとうさん    

  「ふ~ん、どうして?」

 

兄ちゃんその1  

  「この本に書いてあるから!」

 

おとうさん   

  「お前、自分で確かめたの?

   本だって間違えることもあるんだよ。」

 

兄ちゃんその1  

  「え⁈

   確かめるって、どうするの?」

 

 

 

おとうさん、何かのタイミングで

「確かめてみろ」を言いたくて、狙っていたみたいなんです。

絶好のチャンス到来!

兄ちゃんその1が、狙い通りの小学生でホントに良かった。

 

そんなわけで、小学1年生の夏休みの自由研究に

夕方のお天気と、朝のお天気をチェックする「お天気調べ」が始まりました。

 

 

実話 兄ちゃんその1 1年生のデータ

 

平成10年のことだったと思います。

 

 

夏の天気だからと、お父さんも私も高をくくっていたわけですよ。

簡単に「その通りだったね」と、検証できるんじゃないかと思っていたのです。

単に、自分で確かめることを身に着けてくれればいいなとそれだけを狙っていたんです。

 

 

ところがなんと、その年の夏休みは雨が多くて、ものすごく日照時間が少ない夏になりました。

夕焼けは、夏休み期間40日中で4日しか出会えませんでした。

しかも、翌日晴れたのは1日だけです。

 

兄ちゃんその1の

「?」

は、いきなり最大値になりました。

 

 

とにかく、夏休みのほぼ半分が雨、降っていない日もほとんど曇りでした。

ねらったデータを採るには最悪でしたが、兄ちゃんその1が「?」を付けるには最高の年だったと思います。

 

 

 

もっと夕焼けに会いたいから、2年生の夏もやってみた

 

あまりにも1年目に夕焼けが少なかったので 、2年生の夏休みも同じことをして見ることになりました。

 

2年目は、まあ普通に

夏休み40日中、35日程度の夕焼けがあり、

翌日28日程度の晴天に出会えました。

 

 

でも、兄ちゃんその1としては、

あまりにも1年目のデータと違うし、

夕焼けの次の日が全部晴れるわけでもないので

納得はできないのです。

 

 

この時点で「気象や天文」が大好きなおとうさんと私は、兄ちゃんその1を私たちの趣味に巻き込めたことがうれしくて、すっかり楽しくなっていました。

 

天気予報の「天気図」や、

気象衛星ひまわりからの「雲の動き」を毎日チェックしたり、

実際の風向き、雲の動きを見て

「あっちの山から雲が来ると、雨になるね。」

と、家族みんなで天気予報をするようになりました。

 

 

雲・天気 (新・ポケット版学研の図鑑)

雲・天気 (新・ポケット版学研の図鑑)

 

 

 

3年生の夏に、気が付いたことがあった 

 

 兄ちゃんその1は、納得できていないので

「夕方と朝のお天気調べを今年もやる。」

と宣言します。

親的には、面白い事になったと大歓迎です。

 

 

3年目は、2年目とほぼ同じデータが取れました。

そして、同じように

夕焼けの次の日、曇る日がありました。

 

 

ただ、

「雨は降っていないな。」

と、兄ちゃんその1は気が付きました。

 

 

 

4年生の夏、確かめてみることにした 

 

 

そして4年目、

「夕焼けの次の日は、雨が降らない」

をテーマに、お天気調べすることになりました。

 

 

兄ちゃんその1が、自分で初めてテーマを作ることができたんです。

お父さんも私も、大満足でした。

 

 

採れたデータは2年目、3年目とほぼ同じです。

1年目の夏がレアケースだったこと、

それでも4年通して夕焼けの次の日に、雨は降っていないこと

を、確認することができました。

 

 

結論

「夕焼けの次の日は、雨は降らない」

の完成です。

 

やってみるもんですね。

夕方と翌朝、お天気を記録するだけの自由研究でしたが、

面白かったです。

本人も、付き合った家族も、かなり楽しみました。

 

 

この自由研究を、評価してくださる方がいたこと

 

 

この夏休みの自由研究は、

天体の勉強を始める時期と近かったので

学校で取り上げてもらえて

兄ちゃんその1は とてもうれしそうでした。

 

 

きっかけをくれた本は

「チャレンジ1年生」でした。

おかげさまでこんな自由研究ができましたと、進研ゼミ編集部にレポートをまとめて送ったところ

該当学年ということでチャレンジ4年生の編集部の皆様からメッセージ色紙と、理科担当者からの特別なお手紙、プレゼントなどをいただきました。

兄ちゃんその1は、自信をつけるきっかけをいただきました。

 

こちらの方がお礼のつもりで自由研究を送ったのに、お忙しい中丁寧な対応をしていただいて、親として本当にありがたかったです。

 

 

その後のお天気しらべ

 

湿度や気圧も図ってみました。

 

 

提出できるネタにはならなかったのですが、

私の軽い喘息と、気圧変化の関係がわかって

家族的天気予報の一部になりました。

 

気圧変化は、

「ちょっとした頭痛や、虫歯の痛みにも関係しているね。」

と、話題になりました。

 

「今日の異常な眠気は、台風のせいだからね。」

なんて、言い訳に使われることもありました。

当たらずとも遠からずと、家族は思っています。

(もちろん、ゲームのやり過ぎや、動画を見すぎによる寝不足も理由ではあるんですけどね)

 

 

うちの家族は今でも

夕方になるとつい、夕焼けをチェックして

自分なりの天気予報をしているようです。

「今住んでいるところでは、雲はこう動くんだよ。」

という話を、集まると普通にしています。

 

気象予報士にならないまでも、天気図は、家族全員、まあまあ読めたりします。

兄ちゃんその1は、高校生のころに、天気図を描いてみたりしていました。

(実は、昔、私も書いてみたことがあります。)

気象と天気図がわかる本 しくみ・読み方・書き方 ビジュアル徹底図解 (「わかる!」本)

気象と天気図がわかる本 しくみ・読み方・書き方 ビジュアル徹底図解 (「わかる!」本)

 

 

 

視点が変わると単なる「お天気調べ」が長期にわたる自由研究のネタになるという話でした。

 

 面白がっていただけましたか?

 

この夏、親子で自由研究を楽しんでくださいね。

皆様が、素敵な夏休みが過ごせますように。

 

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日