はむすた母娘は今日も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【読書感想】 大沼紀子 著 『真夜中のパン屋さん』

 

ひとつ屋根の下に集うのは、

血のつながった家族とは限りません

懸命に生きていく人が

自分なりのやり方で日々を過ごしているのです

 

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

 

 

おいしいものの出てくる小説を、たくさん読みたいと思って

近所の図書館に足を運びました

 

たくさんあるもんですね~

 

時代小説

恋愛小説

旅もの

親子もの

 

食べることは、生きること

改めてそう思います

でもこの本で、料理の腕は上がらないかな

 

この記事書きあがったら、

パン屋さん行くぞーって、思っています

 

 

 

【読書感想、ネタばれアリ】

 

 

夜中に回転しているパン屋さんが舞台です

 

 

このパン屋さんは、「亡くなった奥さん」が開店準備をしていたお店で

その奥さんの「弟子」ともいうべき青年が中心にパンをつくり

その奥さんが「妹」と称した女子高生が店番に立ち

亡き奥さんを思い続ける「ご主人」がオーナーをしています

 

彼らは、今を、生き生きとしているので

ヘヴィな過去を持つことなんて、読んでいても忘れてしまいます

彼らをつなぐ「亡くなった奥さん」が

「誰かの傘になれるような、店」

を、作りたかった思いが

きちんと伝わっている感じがします

 

 

「人を助けたいと思っても、

 河でおぼれている人に意味のない傘を差しだすように

 時々、とても不毛なことをしているように思える。」

という友人に、彼女は

「間違った傘でもいいと思う。

 なんの手も差し伸べられない絶望よりずっといい。」

と言います

 

 

誰かを救うなんて、

自己満足のおせっかいでしかないかもしれないけれど、

自分が「助けてほしい」と思うときには

おせっかいでも、的外れでもいいから

誰かの助けが欲しいと思うもの

 

自分がしてもらったことと、同じように

誰かを助けることはできないかもしれないけれど

差し伸べる手だけは、引っ込めたくない

 

このパン屋さんに関わる登場人物は

そんな風に、

救いたいと思う人のために奔走します

 

彼らが救いたいと思うのは、

「過去」にとらわれて道を間違えたかつて関わった人たちです

過去にとらわれた彼らから見ると

今を、ちゃんと生きている彼らは

希望であり、託したい相手であり

頼りたい存在でもあります

 

 

まあね~

昔の友達に

「お前は、俺の希望だ!」

とか言われても、困っちゃいますけどね

「尊敬してる」

とかも、改めて言われても

どうしたらいいんだって、かんじですよね

 

 

 

そこを、

不器用ではあるけれど

前向きに解決に向かう彼らが愛おしい

 

読後感のすがすがしい本でした

 

 

 

さて、近所のパン屋さんに行って

クロワッサンを買ってこよう

おいしいものが出てくる本は、太るもとだなぁ

 

 

teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ[完結セット](全6巻)

teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ[完結セット](全6巻)

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日