はむすた母娘は今日も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【読書感想】 坂木司 著 『和菓子のアン』

 

[ ネタばれアリです ]

 

昨日の午前中、りとさんのブログの、

こちらのページを読みました

 

rito.gameha.com

 

ちょうど、図書館に返しに行く本があったので

探してみたらすぐに見つかりました

 

 

帰宅後、遅いお昼ご飯を取りながら一気読みでした

 

夕食後、娘が手に取り一気読み

 

母娘で、半日の間に読み切った本は初めてです!!

 

 

目次

 

 

母娘のよもやま話

 

 

ねえ、この本、前に話題になった本だよね

本屋さんに平積みしてあったでしょう?

 

うん、本屋大賞かな 受賞してるよね

 

ドラマ化もされてた?

 

う~ん? 漫画家はされてるみたいだよ

Wikipediaさんによると、いろいろコラボとか、あったみたい

この本の続編が出た2016年に、和菓子屋さんとたくさんコラボして

本に出てきた和菓子を再現してるみたい

 

え~、それ食べたい!

 

茶道で使うようなお菓子は、おばあちゃんに食べさせてもらってるでしょう

知ってる和菓子、いっぱい出てきたよね?

 

あ~もう! おなかすいてきちゃった!!

 

 

 

洋菓子と和菓子

 

この、「和菓子がシュークリームにかなわない」って、なんかわかるよね

 

クリームの「とろっ」とした感じは、和菓子だとちょっとむずかしいかもね

 

それに私、「サクッ」としたシューがすきなんだよね

 

本にも話題になってた「最中の餡を、食べるときに入れる」商品が、

「サクッ」を目指したんだろうけどね

出来立ての最中の「サクッ」は、たしかにおいしいんだけど

変な話、世間的にはそれほど最中の「サクッ」は求められてない気がするなぁ

 

クリームの「とろっ」も、和菓子になるとなぁ

なんか違うよなぁ

やっぱり別物なんだろうね

 

 

同じような材料で季節感を出すということ

 

この「和菓子はしょせん餡子」で「洋菓子は小麦粉とバターと砂糖」って笑えるね

 

それぞれ、手に入りやすい材料で、そこそこ贅沢なんだろうね

 

だから特別感があるんだ~

和菓子の話で「冠婚葬祭」って、あったでしょう

 

うちは甘党で、おばあちゃんがお茶をやってるから、

かなり日常的に食べるけどね

和菓子が地味に感じるのは、お饅頭やお団子のイメージが強いからかな

 

季節によって、華やかだよね

華やかさは和菓子も洋菓子も変わらない気がする

季節感の出し方も、フルーツを使うところなんか一緒だよね

 

まあ、洋菓子の方がフルーツそのものが見える華やかさはあるけどね

和菓子は、果物を練りこんじゃうから

あとは、洋菓子のツヤがね~

日本人的には「華やかなお祝い」のイメージがあるかな

喪の席に洋菓子って、ちょっと考えられないでしょう?

 

「西洋のお葬式」の食べ物、知らないからなぁ

あっちの人にしてみれば、華やかじゃない洋菓子もあるだろうにねぇ

・・・「もそっ」とする洋菓子、思いつくな

 

口の中の水分取られるタイプのお菓子、和も洋もあるよ

この本では、デパ地下の和菓子店が舞台だから

イメージできないだけかもね

 

和菓子では「季節の風景」を切り取るのって、多いよね

洋菓子では見たことないね

 

?シュークリームって、キャベツの形じゃなかったっけ?

風景って感じじゃないけど・・・

 

う~ん、シュークリームに繊細さが感じられないせいかな

情景を切り取るのは、和菓子の勝利と思います

 

はい、賛成いたします

 

 

この本って ミステリー?

 

この本、ミステリーに分類されるんだね

 

いろいろ推理するって意味では、そうなのかな?

 

こういうの、おもしろいよねー

 

言葉遊びとか、裏ストーリーで遊ぶとか興味あるよね

キリがなく遊べそうで、手が出せてないけどね

 

和歌の世界かなぁ

 

古典からの・・・でしょう

今時のはやりもあるし~

 

わくわく読めちゃった~

2時間ぐらい?

 

うん、あっという間だったね

 

おなかすいたな~

でも、明日、ちいさい羊羹買いたくなったから我慢しよ~

いろんな風味があって、おいしいんだ~

じゃ、お風呂入るね~

 

 

母娘で同じ本を読むということ

 

うちでは面白い本があると、家族でおすすめしあうことが多いので

同じ本を読むことはよくあります

 

でも、同じ日に、

一気に読んでしまうというのは初めてです

どちらかというと、娘はゆっくり読む方なんですけどね

この本は早かったです

 

 

読み終わったとたんにしゃべりだした娘

ほんとに面白かったんだと思います

 

 

これから和菓子を食べるたびに

この本の話ができるんだろうなぁ

デパ地下に行くたびに、

和菓子屋さんをのぞくんだろうなぁ

楽しみがたくさん増えた感じです

くいしんぼう母娘だから、一生ものの愉しみです

 

 

りとさん、素敵な本のご紹介ありがとうございました

 

さて、続編、探そうっと!

 

 

 

和菓子のアン (光文社文庫)

和菓子のアン (光文社文庫)

 

 

 

アンと青春

アンと青春

 

 

 

和菓子のアン コミック 1-3巻セット (花とゆめCOMICS)

和菓子のアン コミック 1-3巻セット (花とゆめCOMICS)

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日