はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

コントロールができないことの、自分を納得させる方法

 

 

花粉症の説明で

「バケツがいっぱいになって、溢れるとアレルギーを発症する」

って、説明を聞いたことがないですか?

あの説明って、言いえて妙だなって

思っているんです。

 

 

うまくコントロールできない物事を、

自分に納得させるのに使えるんです。

 

 
f:id:micyam-ucyan:20180522101517j:image

 

 

たとえばね。

いくら勉強してもしても頭に入らない時

「まだバケツにいっぱいになっていないんだな。」

って、感じにね。

溢れてしまうほど勉強すれば、何をやっても忘れないってことでね。

 

その勉強方法にしてもね、

好奇心っというシャベルで、せっせとバケツをいっぱいにすることができたり

スキルというスコップで、ガンガンいっぱいにしたり、

経験値が上がると小さいバケツで貯められたりね。

 

 

無意識に

バケツから忘れちゃいけないことを取り出してしまうことも

あるには、あるんですけどね。

 

 

 
f:id:micyam-ucyan:20180522101532j:image

 

 

子供が張り付いているときも

「くっついていたい思いのバケツ」が、いっぱいになるまでは

離れないんだろうなって、思いました。

 

それは、「その時の気分」というバケツだったり、

新しい世界に出会って、「怖さを感じて安心したい」バケツだったり、

いろんなバケツがあるんだろうと思っていました。

 

 

 

中には、空っぽにしなければならないバケツもあるのかな。

「夜泣き」のバケツ、空になるまでは

しっかり泣かないと泣き止めないのかな、なんてね。

 

 
f:id:micyam-ucyan:20180522101550j:image

 

バケツの大きさは、コントロールできないと思っていたのですが

最近は、自分のバケツが大きい分には

中身は少なめに設定すれば

いいものもあるかなかなと思っています。

欲とか、見えとか、ええかっこしいとか (全部いっしょやん)

 

 
f:id:micyam-ucyan:20180522101602j:image

 

子供のバケツの話ですけど

 

子供時代の「親向けのバケツ」がいっぱいになると、反抗期が来て

「反抗期のバケツ」がいっぱいになると、自立なのかなと思っています。

娘がまだまだ甘ったれなのは、

「親からもらう甘えのバケツ」が まだいっぱいじゃないからで

「反抗期のバケツ」も、空っぽだからなのかなって

思うことにしておきます。

 

 

でも、このところ

「親が心配」ってバケツを

大きくされないようにしないとなぁって、

そっちが気になりだしては いるんですけど、ね。

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日