はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

京都 東寺のマーク

 

2月6日は京都にいました。

まずは宿から近い、東寺に向かいます。

 

電車でそばを通ることは多かったのに、ご縁がなかった東寺です。 


f:id:micyam-ucyan:20180207024323j:image

 

五重塔の耐震構造は、驚きとともに知識を学んだ記憶があります。

心柱が見えるように公開されていたので、まじまじと見てみたのですが

専門でない私には「うーん」とうなることしかできません。

「揺れるように作ってあるから倒れない」と言われても、

すごいなぁ、なんでそれを考え付いたんだろうなぁ

って、学んだ時と同じことしか浮かばない・・・

いつか模型でも作ってみたら、わかるようになるのかな。

 

倒れないことより、五重塔が今までに4回も焼けたことを知って、

「避雷針の考え方の変更と、どちらが切実だったのかな?」

と思いました。

 


f:id:micyam-ucyan:20180207024412j:image

 

金堂です。

火災の心配が大きいのか、赤いバケツが重ねてあるのが目につきました。

「重ねるんだ~」と、ちょっと不思議に思います。

 

中には大きな薬師如来

神々しいばかりです。

少し張り詰めたような感じがします。

両脇を固める日光菩薩様、月光菩薩様、

なんだか叱られそうで ちょっと怖いんです。

ちゃんと頑張れてないからかな。

 


f:id:micyam-ucyan:20180207024441j:image

 

 講堂です。

立体曼荼羅と呼ばれる立ち位置の、たくさんの仏像が安置されています。

なんか、にぎやかで好きな形です。

大日如来様を中心に、穏やかな表情の仏さまがおられるかと思うと

力強い金剛様やお不動様がいらして

ストーリーを感じるのが楽しくなってしまします。

楽しいお話ばかりじゃないんですけどね。

生きている感じがするんです。

 

 


f:id:micyam-ucyan:20180207024511j:image

 

講堂も裏手に回ると、赤いバケツが重ねてありました。

その一つに、何やらマークがあります。

 

隣接する敷地の観智院で、

同じマークの付いたものがあったので伺ったところ

ガイドの方が、東寺のしるしであることを教えてくださいました。


f:id:micyam-ucyan:20180207024533j:image

 

東寺って、書いてあるのにマークまでつけるんですね。

プラスチックの赤いバケツに、昔から使われているしるしをつけて、

長くそこを守る方たちのご苦労に、

頭が下がる思いがしました。

 

 

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日