19歳娘と54歳母の雑記帳

19歳娘と54歳母が、2人3脚でブログしてます。やっと、母も写真を張れるようになりました。

Gantt chart diary 2018  ガント チャート ダイアリー 2018

 

 

最近は、書店の一部に手帳コーナーがいつでもありますね。

1月はじまり、4月はじまり、10月はじまりと

それぞれのスタートに合わせたものがあって便利です。

 

54歳母、

来年は手帳をやめようとひそかに思っていました。

今年の手帳、今までの使い方が必要なかったからです。

 

今年までの20年、

見開き週刊の時間管理がしやすいタイプを

使ってきました。

予定を書くためというよりは、

その日、その時間に何をしていたかの記録用でした。

3人の子供のことと、自分の仕事、

おとうさんの出張、帰宅。

自分がいつ、何をしていたのか

体調はどうだったのか

記録がなければ、わからない毎日でした。

 

 

    

    今年は、この2017年版を使っていました。

    余計なページが全くないので、持ち歩きには便利でした。

 

 

予定は携帯にかきこんで、

準備を始める時間にアラームをかけています。

他に、家族の予定を書き込んだカレンダーで

確認するようにしていました。

 

 

子供たちの時間管理をしなくなって、

事情が変わったきたなと思います。

私に必要な家族の予定は、

夕ご飯を準備する必要があるのか、ないのか

くらいになってきました。

その夕ご飯だって、一日ぐらいなら、

「明日に回そう」で

済むようになってきています。

 

 

今年の様子を見る限り、

家にいる日は

そろそろ自分のペースで暮らしてもいいかなと

思い始めています。

家族のサポートは、今はよさそうです。

私がサポートをするのは

おとうさんとわたしの父、母たちのことに

シフトチェンジが始まっています。

 

自分のことだけなら、携帯でいいと思っていたのですが、

予定の把握が同居していない父母の分が必要になってきたので、

手帳は今までとは違う形のものを用意することにしました。

来年用に購入したのはこれです。

 

 

 

月別のカレンダーのような見開きページと

見開き横に日にちがあって、縦は項目別になっているページがあります。

これを「ガント チャート」と、いうようです。

 

ガントチャートとは

プロジェクト管理や生産管理などで

行程管理に用いられる表のことです。   

棒グラフの一種でもあり、   

横棒で作業の進捗状況を表すことで  

視覚的に把握することができます。

 

 

家族の予定の把握はちょこちょこっとにして、

それぞれの実家の予定を書き込みます。

 

そのうえで、

自分がやりたいことをどれくらいできるか、

自分のことにどれくらい時間をかけられるか、

自分自身の意識を変えたい思います。

今まで、自分を優先することに、

目一杯、罪悪感、ありましたからねえ。

それを取っ払うのが、来年の目標だな。

 

それができたら、「お母さん卒業宣言」が

宣言でなく、自分にとって「卒業」ができる気がします。

 

 

さすがに、この年になると

健康、体力の維持に時間と意識をかけないとと、思います。

ちょっとは大人になって、

ちゃんと選択していこうとも思います。

子育てして、ちょっとは分別、ついたかなあ。

 

 

 

ちなみに、19歳娘には

「お母さん卒業宣言は無効」と、いわれておりますが

このブログで完全に立場逆転

娘が私を監督する状態になっているので

少しずつ変わっていくのではないかと思います。

宣言なんかより、事実の積み上げです。

いつまでも、ガキんチョではいさせてあげないよ~だ。

 

 

 

皆さんは、どんな来年を思って

どんな準備を始めていますか?