はむすた母娘は今日も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

煮豆・・・からの、小麦粉焼き

 

 煮豆って、おいしいけど

ちょっと困るんです。

少しだけ作ることができなくて、

あまるから。

しかも、煮汁が結構な量であまります。

そんなこんなで、できた料理です。

 


f:id:micyam-ucyan:20171024212800j:image

 

はい、

煮汁ごと、小麦粉でまとめて

焼きました。

え?

説明になっていない・・・

 

う~んと、どこからいきましょうか・・・

煮豆の写真、撮ってないんですけど・・・・

 

手抜きしまくり「煮豆」の作り方

[ 材料 ]

大豆の水煮 ごぼう 人参 昆布 シイタケ レンコン 

ちくわ 油揚げ こんにゃく さつま揚げ

(季節によって、足し引きあり)

 

  1. すべての具材を、大豆の大きさに合わせて切る
  2. 具材を鍋に入れて、ひたひたに水を入れる
  3. みりん、しょうゆを適量れて、煮る
  4. 煮あがったら、しっかり冷まして味を入れる

 

出汁になるものが多いので、

わざわざお出汁を取っていません。

甘みの出るものも多いので、

みりん以外の甘味は使いません。

煮た状態で塩気が足りなければ、

お醤油で加減します。

タケノコ エリンギ インゲンが、

入ることもあります。

 

 

ここまでが、煮豆です。

 

かなりの量ができます。

だいたい、大豆の水煮の時点で

1カップぐらいの量はできてしまうので

なべいっぱいの煮豆になってしまいます。

1日目は煮豆、

2日目は煮豆ご飯(五目御飯の煮豆バージョン)

と、なりますが

3日目ともなると、売れ残ります。

しかも煮汁の残っている量が多い。

 

で、冷たい煮豆のお鍋の中に

小麦粉を投入します。

今回は全粒粉でした。

重めの種になるくらいの粉を調整します。

具材が少ない場合はさつま揚げや、ちくわ、紅ショウガ

などを足します。

 

多めの油を入れて、

表面がカリッとなるように焼きます。

 

煮汁にしっかりとした味があるので

何もつけなくてもおいしくいただけます。

今回は紅ショウガを入れなかったので

からしで、いただきました。

 

煮豆をあまるほど作ってしまうご家庭は

もしかしたらおられないかもしれませんが

万が一、いらしたら

やってみてください。

 

 

 

煮物のあまりでも、作ろうかと思うのですが

困るほどあまったことがないので

まだ試したことはありません。

 

何かお勧め・・・

こんなこと、うちしかやらにゃい、にゃ⤵

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日