19歳娘と54歳母の雑記帳

19歳娘と54歳母が、2人3脚でブログしてます。やっと、母も写真を張れるようになりました。

ピアノ、弾けるようにしておこうかと思いました

 

 

娘ですよ~ 

 

ニュージーランドに行ったとき

ラーナック城という貴族さまのお城に

友達のホストマザーが連れて行ってくださいました。

 

ダンスルームに

「ご自由にお弾きください」

と書かれたピアノがありまして

「弾いてみない?」

と、ホストマザーに言われました。

 

でも残念ことに、

長いことピアノに触っていなかったので

弾くことができなかったんです。

 

 
f:id:micyam-ucyan:20171009165201j:image

 

 こういうところのダンスルームといえば

やっぱりワルツでしょうねえ。 

私が知っているワルツといえば、「子犬のワルツ」

子犬のワルツ、踊りのためのワルツじゃないけど

うけそうだな。

みんな笑ってくれそうだな、

 

小学生のころは、ピアノ弾いていました。

最後の発表会が「子犬のワルツ」で

ピアノの先生である母が言うには、

そこそこ弾ける方だと・・・

じゃあ、久々に練習してみよかな。

 

54歳母

「ちょーと、待ったあ!!」

 

いきなりショパンなんか弾いたら

怪我をすると言うのです。

まずリハビリとして、1日5分、

両手をバランスよく動かすようにって

 

どんな曲がいい?

と聞くと、

「19歳娘なら、モーツァルトのきらきら星変奏曲かな」

短い変奏曲が連なっているので

少しずつ練習するにはいいんじゃないかと言うのです。

キラキラなら、母がよく弾いていたから知ってる。

弾けたら、これも人前で使えそうかな。

 

練習を始めて3日目

一番最初のテーマが、何とか弾けるようになりました。

5分くらい弾くと、母からストップがかかります。

短いなあと思うけど

足やお腹が緊張していたのがわかります。

 

54歳母

「ピアノは全身運動です」

 

あー、

すっかり母のピアノ記事になってしまった。

 

練習は、しばらくゆっくりつづきます。

 

 

ピアノピースー024 きらきら星変奏曲/モーツァルト (MUSIC FOR PIANO)

ピアノピースー024 きらきら星変奏曲/モーツァルト (MUSIC FOR PIANO)