19歳娘と54歳母の雑記帳

19歳娘と54歳母が、2人3脚でブログしてます。やっと、母も写真を張れるようになりました。

日野原先生、ありがとうございました。

日野原重明先生が、ご逝去なさいました。

 

www3.nhk.or.jp

 

私が日野原先生を存じ上げたのは、25年近く前になります。

その時すでに、80代でいらしたので、

お医者様は長くお仕事されるのだなあと思っていました。

 

日野原先生といえば、

ベストセラーはこちらでしょうか。

 

 

生きかた上手

生きかた上手

 

 

25年ほど前、

私はすでにピアノの先生をしていました。

19歳娘の幼稚園のママ友が、

「障害のあるお子さんを教えてみない?」

と、紹介してくださったのをきっかけに

何人かの支援学級の生徒さんと学ぶことになりました。

その流れで『音楽療法』の勉強をすることになりました。

日野原先生は、日本の音楽療法のさきがけのお仕事をされた方で、

音楽療法協会」の立ち上げにもご尽力された方です。

 

 

音楽の癒しのちから

音楽の癒しのちから

 

 

日野原先生をテレビで拝見するようになったのは、

先生が90代になってからではないでしょうか。

現役でお仕事をされていることが、しばしば話題になりました。

様々な健康に関するお話を、

楽し気にされておられたのを思い出します。

このころから、私の母が

先生のことをよく話題にするようになりました。

 

 

 

 

そうそう、体操もしていらっしゃいましたね。

ちょっとお茶目なお姿を、

楽しく拝見しました。

 

 

DVD>日野原体操で健康長寿 NHK出版DVD+book

DVD>日野原体操で健康長寿 NHK出版DVD+book

 

 

 

今日、日野原先生の本を改めてアマゾンで検索していたら、

こんな本まで見つけました。

 

 

 

おいくつになられても、好奇心旺盛でいらした日野原先生に驚きます。

 

 

延命措置を拒否しておられたと、

ニュースで伺いました。

さすが、日野原先生だと納得してしまいます。

 

 

 

今後もきっと日野原先生のご著書に、

たくさん助けていただくのだろうと思います。

同じ時代に偉大な先生がおられたことを、

とても幸せに思います。

 

今まで、ありがとうございました。

 

これからもあの穏やかな笑顔で

私たちを見守っていてください。