19歳娘と54歳母の雑記帳

19歳娘と54歳母が、2人3脚でブログしてます。やっと、母も写真を張れるようになりました。

全ては『古事記』に帰結する

昨夜はレポートに苦しんだ娘、

助けてくれたのはいくつかのブログ記事でした。

 

 

夕ご飯の食卓で

「今日、面白いことあった?」

と、いつもの始まり。

「べつに~」

と、とりあえずいう19歳娘。

 (この年ごろの子供は、必ず「別に~」って言うんですよねえ)

 

電車に乗り遅れそうになったとか、

お昼に何を食べたとか、

毎日の会話からだんだんノッてくると

ちょっと面白い話になってきます。

 

19歳娘 「ちょっと離れたところでご飯食べてた人がね

       今読んでるコミックスに、

       『古事記の記述にもあって・・・』

       って出てきたけど、

       『そんな話、古事記にないよ!!』

     って、叫んでて

     『古事記持ち出すと、それっぽくなるよねえ』

     って、こっちでも話題になったんだ~」

 

確かに、「古事記にある」と書かれると

日本文化として箔が付く感じ、ありますよね。

 

 

食事が終わって、

いくつかのブログを読んでいたら

本の紹介記事と、オタク文化の記事に

古事記にも・・・」の文章を見つけて、

つい笑ってしまいました。

で、19歳娘に話しかけようとすると

「うーーーーーん」

と、唸っている真っ最中

 

 

54歳母 「ん? どしたん?」

19歳娘 「レポートの書き方についての、レポートを書けって宿題、

     困ってるの。」

54歳母 「ちょうどいいテーマ、あるよ~

      『全ては古事記に帰結する』

     どう?

     すごく、それっぽいでしょう」

 

見つけたブログ記事を見せると、爆笑!!

 

19歳娘 「古事記の どの個所にこじつけてるんだろう?」

 

さらにいくつかの記事を検索し、

そこから気になる「こじつけ方法」の記事も探し出して

何とかレポートの作成を終えました。

 

 

それにしても、なんで『古事記』何でしょう?

なんで『日本書紀』じゃ、ないんでしょう?

学校ではセットで覚えさせられたのに・・・

 

古事記』の方が、物語性が高くて

日本書紀』の方が、政治的に読み解くことが多いからかなあ。

 

改めて『古事記』と『日本書紀』を読みたくなりました。

この手のものは無理をせずに

子供用の口語訳で、読みたいなあ。

 

 

古事記物語 (岩波少年文庫 (508))

古事記物語 (岩波少年文庫 (508))

 

 

古事記物語

古事記物語

 

 

 

 あら、『日本書紀』って、子供向けがあまりないんですね。

古事記』の方がポピュラーに扱われるのは、

このあたりにも理由があるのかなあ。

古事記』の方が、面白そうな2次創作も多いですね。

 

現代語訳 日本書紀 (河出文庫)
 

 

 

ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀

ビジュアルワイド 図解 古事記・日本書紀

 

 

 

 

 

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀

図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀

 

 子供向けは書店より図書館の方が充実しているので

これから図書館へ、行ってきまーす。