19歳娘と54歳母の雑記帳

19歳娘と54歳母が、2人3脚でブログしてます。やっと、母も写真を張れるようになりました。

庭の植物  ミニ大根 スイスチャード

つゆの晴れ間、いかがおすごしですか?

うちの庭では、食べごろの野菜ができました。

 

ミニ大根
f:id:micyam-ucyan:20170623200110j:image

去年購入した種が余っていてので、隙間に種まきしてほぼ1か月、

葉っぱがかわいく育ってきたなあとのぞいてみたら

食べごろのミニ大根ができていました。

薄くスライスして塩で5分、サラダにトッピングします。

 

去年、

サラダ向きにラディッシュの種とミックスされているものを購入しました。

いっぺんに蒔くと食べきれないので、取っておいて忘れたものです。

ラディッシュ類はたくましく、翌年でも発芽してくれました。

小さめのプランターでも栽培可能で、

今の時期なら1か月で収穫できます。

 

悩みはアブラムシにたかられること、

モンシロチョウの幼虫に葉を食べられること。

我が家は今年、においの強い野菜の間にあるせいか、

比較的被害が少なめですが、

種まきから虫対策をおすすめします。

私は木酢液を薄めて散布しています。

 

いっぺんに種まきせず、2週間おきに種まきすると 

5月から11月ごろまで収穫を楽しめます。

 

 

スイスチャード 虹色菜 西洋ふだん草

ぜんぶ同じ葉物野菜の名前ですが

 見るたびに種袋の名前の違ったり、

一つの袋に二つ以上の名前が書いてあったりと、

名称迷走中の作物です。

 

産農センターなどでは時々販売しているのを見かけますが、

スーパーマーケットではあまりお目にかかれません。

産農センターでも、名前の迷走を見かけます。

 

 

f:id:micyam-ucyan:20170623200130j:image

スイスチャードは茎の葉脈部分が黄色、ピンク、赤と

カラフルでかわいい葉物野菜です。

野菜のスペースを華やかにしてくれます。

 

スイスチャードは、味はホウレンソウに近く、

灰汁や苦みはホウレンソウより少ないです。

調理もホウレンソウと同じでおいしくいただけます。

 

スイスチャードの葉は、

ホウレンソウより二回りぐらい大きくなります。

大きくなった外葉から、かき菜にしながら収穫するので、

かなり長い期間食べられます。

柔らかくておいしいので、芋虫たちに狙われますが、

成長が早いので私は目をつむっています。

土に触れた葉は、傷みやすいので早めに摘み取ります。

 

今年はスイスチャードを20株ぐらいを育てていますが、

6月に入ってからは週に2回程度、食卓に登場しています。

我が家ではベーコンと炒めたり、

卵とじにしたり、

お浸しで食べたりしています。

 

スイスチャードは6月中ならまだ、種まきが間に合います。

プランター栽培可能で、種が大きく扱いやすいのと、

見た目がかわいく、スーパーで見かけないこと、

その割に調理はホウレンソウと同じで扱いやすいことなど

お勧めの野菜です。