はむすた母娘は今日も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

一ノ関に行ったら「お餅」を食べよう

 

一ノ関に宿泊しました。

 

 
駅にあるポスターです。 

 

f:id:micyam-ucyan:20180423185545j:image

 

お肉の上、お椀の中身はすべて「お餅」なんです。

この中から。一つを選ぶんじゃないんです。

一人分のお膳に、一度に並ぶんですよ。

ちょっと、びっくりでしょう?

 

このあたりの「餅文化」は「伊達藩」の文化圏なのだそうです。

伊達藩の食文化では季節の行事や、ハレの日には必ず「お餅」で祝うんですね。

「お餅」の頂き方も様々で、

甘いものを中心に、お惣菜系、お汁系と、

300種類くらいはあるとか、多彩ですね。

 

 


f:id:micyam-ucyan:20180423185604j:image


 年中行事として、

一年に60回くらい「お餅」をいただく機会があるんですね。

 

月々の行事を思い浮かべてみたのですが、

まず、60回の年中行事が浮かばないです。

週1回の行事ごとって、ずいぶんたくさんの気がします。

毎週、お餅付くのか~ すごいなぁ

 

 

一人分のお膳には

「あんこ餅」「お雑煮」「料理餅(変わり餅)」と「大根なます」「たくわん」

が、のります。

祝い事になると、

「お餅のお椀が8種類」と、「おなます」

で、お酒をいただくこともあるようです。

 

伊達の方は、甘党なのかな?

 

 

お義母さんの作るお正月のお膳には

「お雑煮」と「餅入りの汁気のないお汁粉」

が、並びます。

お正月の朝、

「お餅、いくつ食べる?」

と聞かれるのも、はじめは「きょとん」としていました。

答え方は、

「お雑煮2つ、お汁粉2つ」

が基本形です。

最近は、一つずつも

「スタイル、気にするからね。」

と許してもらえますが

「一つだけお椀に入れるのはよくない」

と言われたことがあります。(理由を忘れてしまいました)

 

 

「お雑煮にお餅一つ」が普通で育ったので、珍しいなと思っていたんです。

私の実家は、今思うとあまりお餅が好きではなかったようで

「お餅」を「お餅」として食べるのはお正月だけです。

一度に食べるのは、一人一切れ。

「お餅は一切れで、ご飯一膳分あるんだから、

 一切れで充分だよ。」

と、教えられて育ちました。

 

元旦の朝に「お雑煮」を一度

2日に「お醤油とお砂糖」の味付けを一度

3日は「きなこ餅」を一度

4日に「いそべまき」を一度

それくらいで

「もう、お餅は一年分食べたかな」

という感じでした。

一ノ関の方々の、一食分にもなりませんね。

 

 

 

お義母さんの出身は、白石蔵王

白石は、伊達家の文化圏です。

違う味付けのお餅が、一度に並ぶのは

お義母さんのオリジナルかと思っていましたが、

ここにルーツがあったんですね。

「汁気のないお汁粉」は、「あんこ餅」だったようです。

大根おろしも作ろうか? 磯辺焼きもする?」

たくさんお餅を食べたのに、どうしてもっと作りたいんだろうと

不思議だったんですが、

お義母さんにしてみれば、本当はもっと並べたかったんですね。

 

 

 

種類がたくさんあるとは言っても、

もてなしには甘い味付けが多いみたいですね。

ハレの日の、お祝いなので

贅沢に甘い味付けが欠かせないのでしょうか。

 

人が集まるごとに、お餅をついて

お豆を煮てあんこを作り、

ほかにもたくさん「お餅」にからめるものを用意して

甘いものに合う「お漬物」「酢の物」「香の物」を準備する。

お客様にも「お餅」でおもてなし

冠婚葬祭も「お餅」で「本膳」を作る。

 

お米の豊かな文化だな~

一ノ関でスーパーに立ち寄りました。

4月後半のこの時期でも、

一番、目につきやすいところに「お餅」売ってましたよ。 

 山になっていました。

 

 

この食文化は、

ユネスコ無形文化財に登録された「和食」の一つに認定され

農林水産省の「職と農の景勝地」にも選ばれました。

 

一ノ関に行ったら、

「お餅」ぜひ食べてくださいね。

1年じゅう、いつでもいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産の平泉は、花盛りです  ゴールデンウィークに尋ねてみませんか

 

 平泉に行ってきました。

 

5月連休前の平泉は、花盛りです。

連休には「花舞う」タイミングが期待できます。

世界遺産の平泉に、尋ねてみませんか?

 首都圏から日帰りも可能です。

 

目次

 

 

 

今回の計画は

 

4月22日、私は所用で平泉到着が13時を過ぎていました。

(都内を出たのが10時近くでした。)

3時間半の予定で、途中休憩をはさんで

毛越寺中尊寺を回る予定です。

 

巡回バスを利用します

 

平泉の駅から巡回バスを使ってまわりました。

巡回バスはフリー乗車券があります。

(3回以上の乗り降りでお得になります。)

一周約20分のコースを15分間隔で回っていて、便利です。

 

 

巡回バスからの眺めが、一つ目の見所です

 

バスの道沿いの家々が、たくさんの花を咲かせています。

 

個人のお宅なので、撮影はご遠慮しましたが

チューリップや、ムスカリなどの球根が色とりどりに咲かせていて

すごくきれいです。

きめ細やかなお手入れに、頭が下がる思いです。

 

木々も花をつけていて、見所ばかりをバスコースに選んでいます。

お花見を目的にするなら、バスからの眺めだけでも満足できます。

 

 

 

毛越寺


f:id:micyam-ucyan:20180422214356j:image

 

毛越寺の入り口付近です。

淡い色が色とりどり、かわいらしい色合いです。

赤いもみじが芽吹きはじめて、淡い色合いが綺麗です。

 

毛越寺は無理な再建はしていません。

いくつかのお堂は、そのあとをたどるのみになっています。

 

お庭は丁寧に手入れされていて、見ごたえがあります。

広い庭園の奥の方に、花菖蒲が育てられているので、

5月後半には見事な花がみられると思います。

 

宝物館にはこのお山に伝わる仏像、工芸品

書、発掘された品々を見ることができます。

 

 

中尊寺

 

 

中尊寺の参道は、登る方と降りる方でいっぱい。

結構な上り坂なので、ハイヒールはお勧めできません。

歩きやすい、滑りにくい靴でいらしてください。

観光の方が多くて、どうしてもお顔が映り込んでしまうので

紹介できる写真がなくて残念です。

 

 

参道、物見台からの景色


f:id:micyam-ucyan:20180422233451j:image

 

参道の物見台から、北上川方向の景色です。

 

判官びいきの私にとって、

平泉文化は興味の尽きないところです。

 

北上川の豊かな水に恵まれた環境

海沿い地域の鉱物資源、特に金山を3つも抱える土地柄

この地に栄えた奥州藤原氏

 

ここを歴史に残した人々は、

何を見て、何を考え、感じていたのかな。

京都を見つめるには、遠いように思います。

鎌倉に幕府ができていく様を、

どんな気持ちで見つめていたのでしょうね。

 

そもそもどうして、奥州藤原氏

幼い牛若丸を受け入れたのかな? 

そんなことを考えながら、中尊寺の参道を登ります。

 

 

 

参道脇の弁慶堂

 
f:id:micyam-ucyan:20180422214422j:image

 

 

 狛犬が守っています。

 

f:id:micyam-ucyan:20180422214437j:image

 
f:id:micyam-ucyan:20180422214457j:image

高い所にも狛犬を見つけて、びっくりしました。


f:id:micyam-ucyan:20180422214511j:image

 
f:id:micyam-ucyan:20180422214528j:image

 

中尊寺といえば 金色堂

 

撮影はできませんが、パンフレット等にたくさん見られます。

 

実際に目にすると、あまりにきらびやかでびっくりします。

パンフレットの写真ほど近くに寄れるわけではないので、

たくさんの仏様が一気に目に入ってきて、そのすべてが金色で息をのみます。

背景になっているお堂の中が、漆で黒い感じなので

金色がとても映えるのです。

 

金色伊賀の色にも目がいきます。

螺鈿の色です。

細工が華麗で、美しさに目を引かれました。

 


f:id:micyam-ucyan:20180422235327j:image

 

芭蕉さんは、凄いな!

しとしと雨が降って、ほかの音を吸収したかのように

金色堂の様子に集中してしまう感じがするのです。

 

どんなに人が多くても、説明のアナウンスが流れていても

その光景に集中してしまう感じが

あの場にはあります。

 

 

白神神社の能舞台 

 

中尊寺のお山の一角に、白山神社があって、

伊達の殿様か建てた能舞台がありました。


f:id:micyam-ucyan:20180423000428j:image

 

中尊寺藤原氏のゆかりはよく耳にしますが、

伊達氏とのかかわりは知りませんでした。

仙台と平泉はご近所ですよね。

重なる文化もたくさんあるのでしょう。

 

 この場所を伊達の殿様は、どう思って能舞台を建てたのでしょうか?

単なる信仰の地とは言いきれない場所で

誰を舞わせて、誰とそれを観たんでしょうね。

江戸とは違うところを、見つけていたのでしょうか?

想像が広がります。

 


f:id:micyam-ucyan:20180422214559j:image

 

八重桜が満開でした。

 

義経堂へ

中尊寺で弁慶堂へ行ったので、

予定外でしたが、

義経堂もお参りしようとバスを降りました。

 


f:id:micyam-ucyan:20180422214654j:image

 

残念ですが、閉館したところでした。

16時半には、閉まるようです。

 

 

 
f:id:micyam-ucyan:20180422214949j:image

 

バス停に戻る道に、山吹が綺麗です。

 


f:id:micyam-ucyan:20180422214723j:image

 標識灯の柱が細工まで、中尊寺を意識しています。

素敵です。


f:id:micyam-ucyan:20180422214736j:image

 

 巡回バスの最終便で、駅に戻ります。

 

まとめ

 

巡回バスのおかげで、大体の時間を読むことができます。

首都圏からでも、朝8時ごろ出かけて

日帰りで楽しむことが可能です。

 

4月22日の様子から、

今年のゴールデンウィークは、桜が十分楽しめると思います。

花を楽しみに、世界遺産の平泉に足を延ばしませんか。

 

 

16時半をすぎると、お店も閉まる所が目立ちます。

早目の時間に観光することをおすすめします。

 

 

 

 

 

季節の天ぷら  味のおすすめは「京の黒七味」

 

 

おとうさんが缶ビールを買ったので、

本日はおつまみとして、うれしいメニューです。

 

 

f:id:micyam-ucyan:20180421190617j:image

 

冷しゃぶ

  1. 豚肉の薄切りを、さっとゆでる
  2. みょうがの千切りに、ポン酢、醤油のたれに、ゆであがった豚肉を入れて味付けする
  3. きゅうりを御さらに並べて、冷しゃぶを盛り付ける

 

お醤油の入っていない「ポン酢」、

塩味の加減を調整できて、使い勝手が良いいのでお勧めです。

 

さらし玉ねぎ

  1. 千切りした玉ねぎを、水にさらす
  2. しっかり水切りしたら、鰹節、醤油であじつけ

 

舞茸の天ぷら

  1. ほぐした舞茸にてんぷら粉をまぶす
  2. 塩味を付けた天ぷら衣で、揚げる

 

うどの天ぷら

  1. 薄切りしてさっと酢水につけたうどを、水切りして てんぷら粉をまぶす
  2. 味付けなしの天ぷら衣で、揚げる
  3. 花山椒(もしくは塩と山椒粉)をかける

 

 

 

たまねぎ 人参 みつば ちくわのかき揚

  1. たまねぎ、人参を千切りにする
  2. ミツバは、人参と同じ長さに切る
  3. ちくわは輪切りにする
  4. 全ての材料をてんぷら粉にまぶす
  5. 味付けなしの天ぷら衣で、揚げる
  6. 京の黒七味をかける

 

 

いつも天ぷらは、酢、ポン酢(notポン酢しょうゆ)で食べているので

七味で食べるという発想はなかったのですが、

程よい辛味で、薫り高く、おいしかったです。

 

お土産に、「これは、いいな」と思いました。

 

 

f:id:micyam-ucyan:20180421190623j:image

 

 

 

 

当ブログ プライバシーポリシーについて  当ブログに掲載されている広告について  当ブログでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。  このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて  当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。  この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。  プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google  当ブログへのコメントについて  当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、次の各号に掲げる 内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。  特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。  初出掲載:2017年12月13日